コンテンツにスキップする

造船工業会会長:09年度の造船受注、08年度の半分以下の可能性も

【記者:松井博司】

6月16日(ブルームバーグ): 国内造船業20社などで組織する 日本造船工業会は16日の定時総会で、新会長に三井造船の元山登雄 会長を選任した。任期は2年。会見した元山会長は海運不況により、 2009年度の日本の造船業の受注が08年度の半分以下に落ち込む可能 性もあるとの見方を示した。

造船業の受注状況について元山会長は、08年度は上半期で1年 分を稼いだ後、下半期に受注が全く止まってしまったと説明。09年 度もほとんど受注がなく「V字型の回復でもしない限り、受注は前年 度の半分もないかもしれない」と予測した。

同会長はアジアの一部で、業界のルール違反に近い形で政府が造 船業をテコ入れする動きがあることを非難した。その半面、日本の造 船業には潜在的な技術力と優良顧客がある点も指摘。「仕事量が半分 になっても、さほど驚かない」と語り、強気の姿勢を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE