コンテンツにスキップする

英BPの次期会長候補:豪BHPのアンダーソン元CEOが有力

欧州2位の石油会社、英BPが、 オーストラリアのBHPビリトンの元最高経営責任者(CEO)、ポ ール・アンダーソン氏を次期会長候補として検討していることが、事 情に詳しい関係者の話で明らかになった。

関係者が匿名を条件に明らかにしたところによると、アンダーソ ン氏は、当初4月に退任予定だったピーター・サザーランド会長の後 任候補の1人。サザーランド会長は1997年に就任。BPは同会長の 後任をほぼ2年にわたり探している。

アンダーソン氏はBHPの負債を48億ドル圧縮。利益確保のた め2万人を削減した。世界最大の鉱山会社誕生につながった2001年 のBHPとビリトンの統合の立案者の1人でもある。

英紙サンデー・テレグラフは14日、アンダーソン氏がBPの次 期会長の有力候補2人のうちの1人であると報じた。もう1人につい ては不明としている。BPの広報担当者、トビー・オドーン氏は15 日、同紙の報道についてコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE