コンテンツにスキップする

米ガソリン小売価格が上昇傾向、原油高が押し上げ-米国石油協会

石油や天然ガスの業界団体であ る米国石油協会(API)は15日、世界の原油需給が均衡に達する なか、原油価格の上昇がガソリン価格を押し上げているとの見方を示 した。

APIのチーフエコノミスト、ジョン・フェルミー氏は、報道関 係者との電話会議で「原油価格が上昇しているためガソリンも値上が りしている」と指摘。石油輸出国機構(OPEC)による減産の効果 などにより、世界の原油需給は「均衡状態にある可能性が高い」と述 べた。

全米自動車協会(AAA)が15日、ウェブサイトで発表したレ ギュラーガソリンの平均価格は前日比0.6セント上昇し1ガロン当た り2.669ドルと、昨年10月26日以来の高値となった。過去30日間 で17%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE