コンテンツにスキップする

NY金:続落、ドル上昇で一時3週間ぶり安値-終値927.50ドル

ニューヨーク金先物相場は続落。 ドルの上昇で代替投資先としての金への需要が後退し、3週間ぶり安 値を付けた。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)の ドル指数は上昇。ロシアのクドリン財務相が世界の準備通貨としてド ルに代わるものはないとの考えを示したことがきっかけ。金は6月に 入り月間ベースで5.4%下げている一方、ドル指数は2.5%上昇してい る。

ザブリオンデスク・ドット・コムのアナリスト、ジェームズ・ム ーア氏(ロンドン在勤)は、「ドル高センチメントが金にさらなる下 押し圧力をかけている。金は一段安となる可能性もある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場8月限は前週末比13.20ドル(1.4%)安の1オンス=927.50ドル で取引を終了した。一時は同926.50ドルと、中心限月としては5月20 日以来の安値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE