コンテンツにスキップする

インド株(終了):センセックス、3日続落-リライアンスが下げ主導

インド株式市場では、指標のセン セックス指数が3営業日続落。時価総額でインド最大の企業、リライ アンス・インダストリーズ(RIL IN)が天然ガス販売価格をめぐる裁 判所の判断を嫌気して大幅安となり、下げを主導した。金属・原油相 場下落を受けて資源株も安い。

エネルギー大手のリライアンス・インダストリーズは天然ガスを 政府の指定価格よりも44%割安価格で販売することを命じられたこ とから7.8%安となった。銅生産でインド最大手のスターライト・イ ンダストリーズ(STLT IN)は7.8%安。アルミニウム生産大手のヒン ダルコ・インダストリーズ(HNDL IN)も4.9%下げた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前週末比362.52 ポイント(2.4%)安の14875.52。リライアンス・インダストリーズ の下げが指数下落の半分以上をもたらした。

リライアンス・インダストリーズは2178.80ルピー。スターライ トは664ルピー。ヒンダルコは95.90ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE