コンテンツにスキップする

香港株(午前):反落、商品安で資源株売られる-保利香港5.9%安

午前の香港株式相場は4営業日 ぶりに反落。原油や金属価格の下げを嫌気し、資源株が売られて いる。

中国のアルミ生産最大手、中国アルミ(チャルコ、2600 HK)は

5.2%下落。石油生産中国最大手のペトロチャイナ(中国石油、857HK) も2.3%下げた。不動産開発会社、保利香港(119 HK)は5.9%安。C ITICパシフィックの会長だった栄智健氏と保利が、総額16億香港 ドル(約203億円)相当の保利の新株を発行したことが売り要因とな った。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、 前週末比283.53ポイント(1.5%)安の18606.15。ハンセン中国企 業株(H株)指数は同1.6%安の10916.16。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE