コンテンツにスキップする

フタバ産業・石川常務:監視委の調査受けたことを認める

フタバ産業は15日、証券取引等監視 委員会が利益の過大計上による虚偽記載の疑いで調査をしたとのNHK の報道について、「証券取引等監視委の調査は、今年の年初に受けてい て現在は終了している」と述べ、監視委の調査を受けた事実を認めた。 ブルームバーグ・ニュースの電話取材に対し石川眞澄常務が答えた。

NHKは15日昼のニュースで、同社が昨年までの5年間に利益を 約1000億円多く計上したことについて、証券取引等監視委が虚偽記載に 当たるとして、調査を進めていることがわかった、と報じた。

石川常務は、電話取材に対して「今後も調査には全面的に協力して いく」と答えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE