欧州株(29日):上昇、景気底打ち観測で-月間では3カ月連続高

欧州株式相場は上昇。600銘柄か ら成るダウ欧州株価指数は月間ベースで3カ月連続のプラスとなった。 日本の鉱工業生産指数やインドの国内総生産(GDP)統計などの経 済データで、リセッション(景気後退)最悪期通過の兆候が示された ことがきっかけ。

ロンドン市場の金属相場の上昇を背景に、オーストラリアのBH Pビリトンが鉱山株の上げを主導。石油株では、仏トタルと英蘭系ロ イヤル・ダッチ・シェルが大幅高となった。原油相場がバレル当たり 66ドルを上回ったことが買いを誘った。

ノルウェーのエンジニアリング会社、アケル・ソリューションズ は、8億5000万ノルウェー・クローネ(約130億円)規模の受注が好 感され、12%上昇した。

ダウ欧州株価指数は前日比0.1%高の208.21で引けた。3月9日 の水準からは32%戻している。月間ベースでは4%上げた。3カ月連 続高は、信用危機が発生した2007年8月以来で最長となる。

バークレイズ・ウエルスの調査・投資戦略部門の責任者、マイケ ル・ディックス氏(ロンドン在勤)はブルームバーグテレビジョンに 対し、「主要経済の一部でやや勢いがつき始めているのは重要だ」と 述べ、「信頼感が戻り、リスク回避の動きが後退しつつあるのは株式 にとってかなり健全な環境だ」と語った。

29日の西欧市場では、18市場中10市場で主要株価指数が上昇し た。ダウ・ユーロ50種株価指数は0.1%安となった一方で、ダウ・欧 州50種株価指数は0.3%上げた。

BHPは3.1%高。ロンドン金属取引所(LME)では銅やニッケ ル、スズ、亜鉛などの非鉄金属相場が上昇した。スイスのエクストラ ータは5.3%、英アントファガスタは5.2%それぞれ上げた。

トタルは1.7%上昇し、シェルは0.9%上げた。英ケアン・エナジ ーは1.4%高。この日のニューヨーク市場の原油先物相場は5日続伸し ている。このままいけば月間ベースで10年ぶりの大幅高となる。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比30.40ポイント(0.7%)高の4417.94。 FTオールシェア指数は15.47ポイント(0.7%)上昇の2252.64。

ドイツのDAX指数は7.94ポイント(0.2%)上げて4940.82。H DAX指数は2.86ポイント(0.1%)上昇の2466.91。

フランスのCAC40指数は13.95ポイント(0.4%)上昇の

3277.65で終了した。