印タタ・モーターズ:1-3月の純利益、予想上回る-会計規則変更で

インドのトラックメーカー、タタ・ モーターズの2009年1-3月(第4四半期)は、純利益が市場予想を 上回った。会計規則の変更が寄与した。

純利益は59億1000万ルピー。ブルームバーグ・ニュースがまと めたアナリスト11人の予想中央値では、7億9200万ルピーと見込ま れていた。第4四半期の数字は、タタ・モーターズが29日発表した 09年3月通期決算を基にブルームバーグが算出した。タタによると、 通期では会計規則の変更により利益が41億8000万ルピー押し上げら れた。

発表資料によれば、通期決算は純利益が前年比51%減の100億 1000万ルピー。前年は202億8000万ルピーだった。決算には買収し た高級車部門「ジャガー」と「ランドローバー」は含まれていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE