自工会:4月の国内自動車生産は47%減-下落率は縮小傾向に(3)

4月の国内四輪車生産台数は、38 年ぶりの低水準となった。国内販売、輸出ともに低迷が続き、7カ月連 続の前年割れだが、国内生産の下落率そのものは過去最大だった2月を 底に縮小傾向にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。