金融危機の最悪期はまだ過ぎていない-カーライルのサルコジ氏

プライベートエクイティ(PE、未 公開株)投資会社カーライル・グループの金融サービス担当共同責任者 オリバー・サルコジ氏は、オバマ米政権に対し、金融危機の最悪期は過 ぎたとの早まった楽観論に警戒する必要があるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。