JR東海:東海道新幹線の5月乗客数は現時点で14%減-下落率最大

東海旅客鉄道(JR東海)は28 日、5月の東海道新幹線の乗客数が27日までで前年同期比14%減にな っていると発表した。景気後退や豚インフルエンザなどが響いた。過去 最大の下落率になる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。