ECBノボトニー氏:リセッション、既に底打ちも-エステライヒ紙

欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバー、オーストリア中銀のノボトニー総裁は、既にリセッ ション(景気後退)の最悪期に達した兆候が見られるとの見解を示し た。オーストリア紙、エステライヒが同総裁のインタビューを基に報 じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。