ECBノボトニー氏:リセッション、既に底打ちも-エステライヒ紙

欧州中央銀行(ECB)の政策 委員会メンバー、オーストリア中銀のノボトニー総裁は、既にリセッ ション(景気後退)の最悪期に達した兆候が見られるとの見解を示し た。オーストリア紙、エステライヒが同総裁のインタビューを基に報 じた。

同紙によれば、同総裁は「残念だが、景気下降局面終了後は、低 い成長率しか見込めない」と語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net    Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Mike Gavin at +49-69-92041-194 or mgavin2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE