タカタ株が連日高値、迅速な改革で適正事業規模に-業績上振れ期待

エアバッグなど自動車安全部品 を手掛けるタカタの株価が、連日で年初来高値を更新。自動車市場の 縮小に合わせ、欧米工場の再編など構造改革を進めている。損益分岐 点売上高を3000億円にまで引き下げる計画も着実に進展、スリムな 経営体質になっていることから、今期業績の上振れが期待された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。