ドル2週間ぶり97円台、米長期金利上昇と外貨建て投信の円売り観測も

東京外国為替市場ではドルが対円 で約2週間ぶりに1ドル=97円台へ上昇した。米長期金利の上昇や米 国の格下げ懸念の後退を背景に対ユーロなどでドルが買い戻された海外 市場の流れがドル・円にも波及。外貨建て投信に絡んだ円売り需要の思 惑もドルの上昇を後押しした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。