訂正:北陸電力:大規模太陽光発電所を4カ所建設-投資額約40億円

北陸電力は27日、富山市など北 陸地域の4カ所で各1000キロワット規模のメガソーラー(大規模太陽 光)発電所を建設すると発表した。同社として初めての太陽光発電所と なる。

同社広報担当の中野英樹氏によると、建設費用は「概算で1基10 億円となる見込み。富山メガソーラー発電所(富山市)、志賀メガソー ラー発電所(石川県羽咋郡)、珠州メガソーラー発電所(同珠州市)、 三国メガソーラー発電所(福井県坂井市)を建設する。それぞれの発電 所が約250世帯分の使用量に相当する年間100万キロワット時の電力 を発電する計画。2010年に着工し、11年から順次運転を開始する。

太陽光発電所の運転が始まると、それぞれの発電所で年間約300 万トンの二酸化炭素(CO2)の排出削減が可能となる。中野氏による と、北陸電力は再生可能エネルギーを活用した発電設備(水力除く)と して、福浦風力発電所(出力2万1600キロワット)を建設中で、10月 に一部の設備が運転を開始する予定という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE