NY銅先物:上昇-米消費者信頼感、昨年9月以来の水準回復を好感

26日のニューヨーク銅先物相場 は上昇した。5月の米消費者信頼感指数が昨年9月以来で最も高い水 準となったことが好感された。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードによると、5月の消費 者信頼感指数は54.9と、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト70人の予想中央値42.6を上回り、2003年4月以降で最大の上 昇となった。同指数の昨年の平均は57.95。銅相場は先週、景気見通 しの改善を背景に4%値上がりした。

ナショナル・セキュリティーズの主任マーケットストラテジスト、 ドナルド・セルキン氏は「相場好転の主な要因は消費者信頼感指数だ った」とした上で、「銅は経済情勢に非常に敏感であり、この統計は プラスだった」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物相場7月限終値は前週末比4.35セント(2.1%)高の1ポンド=

2.141ドル。より早い段階では最大2.9%下げる場面があった。ドル相 場の上昇に加えて、トレーダーの間で景気回復に予想よりも時間がか かり、需要が抑制される可能性があるとの観測が広がったことが影響 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE