NY外為:ユーロが対ドルで4カ月ぶり高値付近から下落

ニューヨーク外国為替市場で はユーロが対ドルで下落。先週は週間ベースの上げ幅が3月以降で 最大となった。この日は上昇ペースは急激過ぎて持続できないとの 見方から、ユーロは対ドルで6営業日ぶりに下落した。

ドルと円は午前10時の消費者信頼感指数発表を受けて、対ユー ロで上げ幅を圧縮した。5月の米消費者信頼感指数が昨年9月以降 での最高を記録、安全への逃避先としての両通貨への需要がやや後 退した。

BNPパリバのテクニカル・アナリスト、アンドルー・シャベ リア氏(ニューヨーク在勤)は、「ユーロ強気派の買い余力が弱ま りつつある」と指摘。同氏によれば、ユーロはこの日の終値が1ユ ーロ=1.3880ドルを下回れば、今後さらに下げる可能性がある。

ニューヨーク時間午後1時58分現在、ユーロは対ドルで

0.2%下げて1ユーロ=1.3987ドル(前営業日は同1.4017ド ル)。前営業日には一時、同1.4051ドルと、1月2日以来の高値 を付けた。ユーロは対円で1ユーロ=132円86銭(前営業日は同 132円92銭)。ドルは対円で1ドル=94円99銭(前営業日は同 94円83銭)。