NY原油:需要減で7月までに18%下落か-オプション取引が示唆

原油相場は半年ぶりに1バレル当 たり60ドルを上回っているものの、ニューヨーク商業取引所(NYM EX)で取引が最も増加している7月限のオプションは、18%の下落 を示唆している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。