月例報告:景気判断を3年3カ月ぶり上方修正-悪化テンポ緩和(2)

与謝野馨経済財政担当相は25日 夕、景気の現状は「厳しい状況にあるものの、このところ悪化のテンポ が緩やかになっている」とした5月の月例経済報告を関係閣僚会議に提 出した。前月までの「急速な悪化が続いており、厳しい状況にある」か ら表現を変更し、基調判断を2006年2月以来3年3カ月ぶりに上方修 正した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。