タカラバイ株が高値接近、北京に細胞工学新工場との報道-将来期待

バイオテクノロジー国内最大手 のタカラバイオの株価が大幅続伸。一時前日比12%高の25万2000 円と、年初来高値(25万3700円)を付けた4月10日の水準に接近 した。約10億円を投じて中国・北京市に細胞工学分野の生産工場を 新設すると一部で報道され、将来的な収益貢献などが期待された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。