GM副会長:来年投入のプラグインHV車「ボルト」、約4万ドルに

米自動車大手ゼネラル・モータ ーズ(GM)のボブ・ルッツ副会長は、来年投入予定のプラグイン方式 のハイブリッド(HV)車「シボレー・ボルト」の価格が約4万ドル (約378万円)になるとの見通しを明らかにした。米CBS放送のデ ービッド・レターマン氏が司会を務める番組での発言内容が、テレビ放 映に先駆けて20日、発表された。

それによると、ルッツ副会長はボルトの価格について、「4万ド ル前後というのがもっとも妥当な線だろう。政府補助によって、購入 者の負担は実際には約3万2000ドルとなる」と説明した。

GMはボルト開発に約10億ドルを投じてきている。ボルトは、 走行開始から40マイル(約64キロ)までは家庭で充電したリチウム イオン電池で走り、その後はガソリンエンジンが動力源となる。同社 は、最も売れているHV車のトヨタ自動車の「プリウス」を超える製品 として投入する方針。プリウスは約2万2000ドルからの価格設定とな っている。

GMはこれまで、来年後半に投入される予定のボルトの価格につ いて言及を避けていた。同社は、環境配慮車の購入に対する政府の補 助金7500ドルに期待している。

電気自動車の開発を手掛けるテスラ・モーターズのイーロン・マ スク会長兼最高経営責任者(CEO)は4月29日に、レターマン氏 のインタビューに答え、ボルトがリチウムイオン電池で40マイル走 るというのは「たわごと」と述べ、同製品の構想は「ばかげている」 と切り捨てた。

オバマ米大統領の自動車作業部会の3月の報告では、「シボレー・ ボルトは期待できる製品だが、多分、高過ぎて短期的に商業ベースで成 功するのは難しい」と指摘。業界アナリストは、同車の価格を3万-4 万ドルと予想していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE