3月安値突破で90円視野も、94円前半が正念場-三菱東京UFJ銀

三菱東京UFJ銀行金融市場部の 橋本将司シニアアナリストによると、ドル・円相場は下振れリスクが高 まっており、3月に付けたドル安値の1ドル=93円台半ばを下回れば、 「ヘッド・アンド・ショルダー」(三尊天井)のターゲットである90 円前後が視野に入ってくる可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。