東京外為:円強含み、米景気後退懸念深まる-一段の円高には警戒感も

東京外国為替市場では円が強含み に推移した。米景気後退の深刻化懸念を背景とした米株安に続いて、ア ジアの株式市場もほぼ全面安の展開となったことから、投資家がリスク 投資を敬遠する可能性が警戒され、高金利通貨などから円に資金を戻す 動きがみられた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。