クリントン政権下の機密情報、国立公文書館から紛失-連邦当局が捜査

米クリントン政権時代の機密情 報が記録されているコンピューターディスクが米国立公文書館から紛 失し、連邦当局が捜査を進めていることが、議員や公文書館の複数の 当局者の話で19日、分かった。

ダレル・イッサ下院議員(共和、カリフォルニア州)が明らかに したところによると、同ディスクには10万人余りの社会保障番号や シークレットサービスが利用する手続きなどが記録されており、紛失 は2008年10月から09年3月の間に起きた。社会保障番号にはゴア 元副大統領の娘の分も含まれていた。記録の容量は1テラバイトで、 「数百万冊分の書籍」に相当するという。

エドルファス・タウンズ下院議員(民主、ニューヨーク州)は 「深刻な機密保護違反」との見方を示した。

-- Editor: Joe Sobczyk, Robin Meszoly

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Edwin Chen in Washington at +1-202-624-1844 EChen32@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Jim Kirk at +1-202-654-4315 or jkirk12@bloomberg.net .

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE