トヨタ:主な課題はライトトラックとSUV燃費向上-新規制導入で

ハイブリッド車の販売で世界最大 のトヨタ自動車は19日、米国の新たな排ガス基準を満たす上での最大 の課題は、ピックアップトラックとSUV(スポーツ型多目的車)の 燃費向上にあるとの認識を示した。

トヨタ自動車の米国現地法人、米国トヨタ自動車販売のジム・レ ンツ社長は、オバマ大統領が新たな排ガス規制を発表した後、ワシン トンでブルームバーグテレビジョンのインタビューに対し、「われわ れの強みは乗用車にある」と述べる一方、「ライトトラックには大き な課題が残る」と語った。

オバマ大統領は自動車メーカーに対し、ガソリン1ガロン(約4 リットル)当たり平均35.5マイル(約57.1キロ)走行する自動車を 2016年までに生産することを義務付けた。当初の計画を4年前倒しし た。米政府が最も燃料効率が高いと評したトヨタ車の08年の燃費は平 均29.7マイルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE