S&P:パナソニックの格下げ方向の「クレジット・ウォッチ」を継続

スタンダード&プアーズ(S&P) は19日、パナソニックの長期と短期格付けに対する引き下げ方向の「ク レジット・ウォッチ」を継続すると発表した。三洋電機の株式公開買付 け(TOB)の実施に必要な各国での競争法に基づく手続きが完了して おらず、TOBの時期や買収金額が現段階で確定していないことによる としている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。