電事連:4月の発受電電力量は8.5%減-9カ月連続で前年割れ

電気事業連合会(電事連)が18 日発表した発受電速報によると、4月の東京電力など電力10社合計の 発受電電力量は前年同月比8.5%減の689億6000万キロワット時だっ た。景気後退の影響で産業用需要が低迷し、9カ月連続で前年割れと なった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。