英銀ロイズのブランク会長、来年6月までに退任

英金融大手ロイズ・バンキング・ グループは17日、ビクター・ブランク会長(66)が来年6月までに退 任する計画だと発表した。ロイズは、英政府の仲介で金融危機のピー ク時に住宅金融大手HBOSを買収したが、これが結果的にロイズが 政府管理下に置かれる事態を招いた。

ロイズが電子メールで配布した発表文によると、ブランク会長は この日の取締役会で、来年6月に開かれる年次株主総会までに退任す る意向を表明した。また、アレクサンダー・リーチ氏(61)が17日付 で副会長に指名された。

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Ambereen Choudhury in London at +44-20-7073-3862 or at achoudhury@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Edward Evans in London at +44-20-7073-3190 or at eevans3@bloomberg.net;

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE