欧州債(15日):週間で上昇、過去最大幅のGDP縮小で買い優勢

欧州債相場は週間ベースで上昇。 株価の下落に加え、1-3月のユーロ圏経済が13年ぶりの大幅縮小 となったことで、国債市場に資金が流入した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。