来週のNY金:上昇か、株式相場軟調で代替資産求める動き-調査

来週のニューヨーク金相場は上昇 しそうだ。株式相場が軟調に推移するなか、投資家は代替資産を求め ている。

ブルームバーグがトレーダーや投資家、アナリストら29人を対象 に実施した調査によると、16人(55%)が金相場は上昇するとの見通 しを示した。一方で9人が下落を予想し、4人は中立姿勢を示した。 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物相場 6月限は今週に入り1.3%上昇し、1オンス当たり927ドルとなって いる。

13日にはスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)500種株価 指数が3週間余りで最大の下落となるなか、金連動型ETF(上場投 資信託)としては最大の「SPDRゴールド・トラスト」への投資は 1カ月ぶりに増加した。産金会社が出資する業界団体ワールド・ゴー ルド・カウンシル(WGC)は20日に2009年1-3月(第1四半期) の世界金需給統計を発表する予定。

ザブリオンデスク・ドット・コムのアナリスト、ジェームズ・ム ーア氏は電子メールで、「ETF需要回復の兆しや株式が神経質な動き に戻っていることを考慮すると、金は上昇するだろう」との見通しを 示した。

調査結果: 上昇 16人: 下落 9人: 中立 4人