東穀取:09年度は9億4000万円の赤字見通し-出来高低迷で(2)

東京穀物商品取引所の2009年度税引 き前損益は9億4000万円の赤字になる見通しとなった。売買の低迷が主 因。同取引所が15日、定例記者会見で明らかにした。

2008年度の税引き前損益は約11億円の赤字になったもよう。税引 き後損益は11億500万円の赤字。売買低迷やゴルフ会員権の評価損など が響いた。損失は法定準備金の一部を取り崩して全額処理する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE