インド株(終了):下落、債券・通貨も全面安-総選挙結果は混沌

インド株式相場は続落。昨日 終了した総選挙の出口調査でいずれの陣営も組閣に十分な票を獲 得していないことが示され、政局混迷への懸念から債券・通貨ルピ ーとともに全面安となった。開票は16日。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比

146.74ポイント(1.2%)安の11872.91で終了した。リライア ンス・インダストリーズとブハルティ・エアテルが安い。

ルピー相場は0.4%下落し1ドル=49.88ルピーとなった。一 時は0.7%下げた。国債(表面利率6.05%、2019年償還)の利回り は5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し6.37%。

時価総額で国内最大の企業、リライアンス・インダストリーズ (RIL IN)は1.2%安の1908.95ルピー。携帯電話サービス大手の ブハルティ・エアテル(BHARTI IN)は3.9%安の764.65ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE