S&P:米銀危機は新局面入り、2013年まで継続も-USAトゥデー

米紙USAトゥデーのウェブサイト に13日掲載されたロイター通信の記事によると、格付け会社スタンダ ード・アンド・プアーズ(S&P)は同日、米国の銀行危機は「新局 面に入った」とし、2013年より前には終息しない可能性があるとの見 解を示した。

それによると、S&Pは銀行業界、特に金融システムにとって重 要過ぎてつぶせないと判断された大手銀行は、米政府からの数千億ド ルの資金援助によって支えられていると指摘。

融資拡大やバランスシートからの不良資産除去、証券化市場復活 に向けた取り組みが業界の支援材料となるものの、余剰資本を当局が 求めたよりも厚くしない限り、銀行は生き延びるのに苦戦するだろう としている。さらに、今回の銀行危機があと3、4年続くことはない ことを示す材料は何もないと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE