【テクニカル分析】原油50ドル割り込む展開も-移動平均との乖離

ニューヨーク原油先物価格は、20 日移動平均線との乖離(かいり)率が高まり「買われ過ぎ」の兆候が 出ており、1バレル当たり50ドルを割り込む可能性が浮上している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。