米国とドイツの10年債利回りは3%未満に低下も-ゴールドマン

ゴールドマン・サックス・グルー プは、米国とドイツの10年国債利回りが3%未満に低下する可能性が あるとの見方を示した。与信環境の弱さとインフレ圧力低下が理由。

ゴールドマンのロンドン在勤チーフ金利ストラテジスト、フラン チェスコ・ガザレリ氏は13日のリポートで、長期「金利は最終的に3% 近くに向けて低下していくだろう。その水準を下回る可能性もある」 と記述した。

ロンドン時間14日午前6時55分(日本時間午後2時55分)現在、 米10年債利回りは3.10%。ドイツ10年国債は3.34%。

-Editors:

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net

Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Justin Carrigan in London at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net