民主代表選:鳩山・岡田両氏が出馬会見、政権交代実現を訴え(3)

民主党の鳩山由紀夫幹事長と岡田 克也副代表は14日、党本部でそれぞれ記者会見し、小沢一郎代表 の辞任に伴う代表選挙に立候補する考えを正式表明、政権交代の実 現などを訴えた。このうち、鳩山氏は、代表に当選した場合は岡田氏を 挙党体制の象徴として主要ポストで処遇する方針も明らかにした。

代表選は、ほかの候補者が見当たらない中、いずれも代表経験者 である鳩山、岡田、両氏の一騎打ちになる公算が大きい。

16日の代表選では民主党を約3年にわたって率いた小沢氏の政 策や党運営、政治路線をどこまで継承していくかが争点となる。同党所 属の国会議員221人の投票で行われるが、共同通信など国内の主要 メディアは、自らのグループや小沢代表を支えるグループなどから支 持を集めている鳩山氏が先行していると報じている。

鳩山氏は午前に行った会見で、小沢氏について「民主党を大変力 強くリードして、ここまで民主党を育ててくれた。この国を政権交代に導 いていくために積極的な働きを期待したい」と指摘。ただ、「どのポスト という話は早すぎる」と述べた。岡田氏に関しても「枢要なポストで頑張 っていただきたい。挙党体制のひとつの象徴ではないか」と語り、主要 ポストで処遇する考えを示した。

午後に会見した岡田氏は、小沢、鳩山両氏の処遇について「小沢 代表、鳩山幹事長はじめ、この党には優秀な人材がそろっている。全 員野球でなければ政権交代ができない」と指摘したが、具体的なポスト については「まだ代表になっているわけでもない」と言及を避けた。

一方、鳩山氏は小沢氏との関係が近すぎるとの批判が出ていること について、「小沢の傀儡(かいらい)政権だと呼ばれるつもりは一切な い。鳩山色を色濃く出すことができるような民主党政権をつくりたい」と 反論。岡田氏は小沢氏について「参院選挙の勝利をハイライトにいろ んなことが決まっていくようになったことは小沢代表の大きな功績」と評 価した。

共同取材:坂巻幸子、関口陶子Editor : Hitoshi Sugimoto, Takeshi Awaji

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE