4月の米小売売上高:前月比0.4%減、除自動車は0.5%減(3)

米商務省が13日に発表した 4月の小売売上高(速報)は季節調整済みで前月比0.4%減少した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたコノミスト予想の中央値では 前月比変わらずだった。3月は1.3%減と、速報値の1.1%減から 下方修正された。

変動の大きい自動車を除いたベースで4月は0.5%減。3月は

1.2%減(速報は0.9%減)だった。エコノミスト予想では4月は 前月比0.2%増が見込まれていた。

ジョン・ハンコック・ファイナンシャル・サービシズのチー フエコノミスト、ビル・チェイニー氏は、「第2四半期は厳しい四 半期になるだろう。失業が増えており、今雇用されている消費者も 失業を恐れ、資産を失うことを懸念している」と語った。

4月は電気製品や家具、衣料品、食品、ガソリンの売り上げ が減少した。特に電気製品は前月比2.8%減少した。

行動範囲も縮小

4月はガソリン価格の上昇にもかかわらず、ガソリンスタン ドの売上高が落ち込んだ。消費者は節約のために自動車の運転を控 えていることが示唆された。

一方、自動車・同部品の売上高は0.2%増と、前月の2%減か らプラスに転じた。

国内総生産(GDP)の個人消費の算出に使用される自動車 とガソリン、建設資材を除くベースの小売売上高は4月に前月比

0.3%減と、3月の1%減からマイナス幅は縮小した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE