米インテル:EUから10.6億ユーロの制裁金-リベート問題で(2)

世界最大の半導体メーカー、米イ ンテルは13日、競合企業を制するためコンピューターメーカーにリベ ート(払戻金)を支払ったとして、欧州連合(EU)から10億6000 万ユーロ(1400億円)の制裁金支払いを命じられた。EUによる制裁 金としては2004年の米マイクロソフトに対する4億9700万ユーロの 倍以上に達し、過去最大となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。