宝くじで170億円当てた女性、当選気付かず風邪気味で出勤-解雇恐れ

宝くじで1億2600万ユーロ (約170億円)を当てた25歳のスペイン人女性が、当選に気付かず 11日に風邪気味だったにもかかわらず仕事に行っていたことが分か った。会社を休むと解雇されると恐れ、出勤したという。

この女性にオンラインで宝くじを販売したインターネットサービ ス会社セルビアプエスタスが12日電子メールで明らかにしたところ によると、女性は同社からの連絡を受けて初めて当選に気付いた。 11日は「まだ風邪気味だったが、今の危機を考えると仕事を失うの が怖くて会社に行かなければと思った」と女性は語ったという。当選 者の身元は明らかにされていない。

スペインの雇用情勢は欧州連合(EU)中で最も悪く、失業者数 は4月に1年1カ月連続の増加で過去最大になった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE