日本の企業年金に「コモディティ」投資の動き-運用利回りの安定求め

厚生年金などの公的年金に上乗せ する形で企業が社員に準備する企業年金に、商品(コモディティ)に投 資する動きが出始めている。金融危機や景気後退で株価が低迷、運用利 回りの安定のためにリスク分散の必要性が高まっていることが背景だ。 こうした動きが今後広がる可能性を指摘する声もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。