米超党派議員グループ、人民元切り上げ要求法案を再提出へ

米議会の超党派グループは、輸入 関税の引き上げも辞さない構えを示して中国政府に人民元の切り上げ を求める法案を再提出する方針だ。

スタベノウ上院議員(民主、ミシガン州)とバニング上院議員(共 和、ケンタッキー州)は11日、声明を発表し、「中国政府は、人民元 を30%以上過小評価することで輸出企業を不正に補助し、貿易による 利益をゆがめた」と指摘。同法案について13日に下院議員や労働団体 指導者、企業経営者らと協議することを明らかにした。

米議会では同様の法案が2会期連続で提出されたが、上下両院と も採決には至っていない。

-- Editor: Jim O’Connell, Larry Liebert.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Mark Drajem in Washington at +1-202-624-1964 or mdrajem@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Larry Liebert at +1-202-624-1936 or lliebert@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE