メキシコの格付け見通しを「弱含み」に引き下げ-米S&P(2)

米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)は11日、メキシコの格付け見通し(アウトル ック)を「ステーブル(安定的)」から「ネガティブ(弱含み)」に 引き下げたと発表した。8年ぶりのリセッション(景気後退)入りに 伴い財政赤字が拡大していることを理由に挙げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。