米国株(8日):反発、健全性審査の結果好感-雇用縮小鈍化も追い風

米株式相場は反発。銀行のストレ ステスト(健全性審査)の結果を好感し、買いが入った。バーナンキ米 連邦準備制度理事会(FRB)議長は審査結果について、金融システム の健全性に対して投資家を「かなり安心させるものだ」と発言した。雇 用統計で雇用者数が予想ほど減少しなかったため、リセッション(景気 後退)の最悪期は過ぎたとの見方が強まったことも買い材料。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。