米シティグループ:増資規模を55億ドル上積みへ-普通株に転換で

450億ドル(約4兆4600億 円)の公的資金注入を受けている米銀大手シティグループは、米当局 によるストレステスト(健全性審査)で、リセッション(景気後退) 長期化を乗り切るには資本不足と判断されたことを受け、追加で55 億ドルの優先証券を普通株に転換する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。