米メットライフ:保有社債の評価損、154億ドルに増加-提出文書

米生命保険大手のメットライフは 7日、規制当局に提出した文書で、1-3月(第1四半期)に保有社 債の評価損が差し引きで9.9%増加し、154億ドル(約1兆5299億 円)になったことを明らかにした。

2008年末時点では140億ドル、08年9月末では82億2000 万ドルだった。

メットライフは損失リスクを軽減するため、08年に航空会社や 自動車メーカー、住宅建設業者が発行する社債の持ち高を縮小。現在 は政府が保証する住宅ローン担保証券(MBS)を購入している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE