東京外為:円弱含み、米経済の不透明感緩和-リスク許容度改善期待

朝方の東京外国為替市場では円が 弱含みに推移している。米金融機関のストレステスト(健全性審査) をめぐる不透明感が緩和したほか、雇用市場の底打ち期待も生じてい ることから、投資家のリスク許容度改善見通しを背景に外貨買い・円 売りに圧力がかかりやすくなっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。