ゴールドマンのコーエン氏:S&P500種は1050に上昇も

米ゴールドマン・サックス・グル ープのシニア投資ストラテジスト、アビー・コーエン氏は1日、S& P500種株価指数が今後6-12カ月に20%上昇し、1050に達する 可能性があるとの見方を示した。割安感が投資家の買いを集めるとみ られることが理由。

同氏はブルームバーグラジオとのインタビューに応じ、「この水 準がしばらくは維持されそうだ。2-3月の取引レンジよりも格段に 高い水準で新たな取引レンジが確立されるだろう」と語った。

S&P500種は直近の安値を付けた3月9日から29%戻してい る。アメリカン・エキスプレスやフォード・モーターなどから予想を 上回る決算発表が相次いだことが買いを誘った。財務省が進めている 銀行の不良債権処理計画がリセッション(景気後退)からの脱却に役 立つとの見方も背景にある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE