ゼクス:債務超過回避へデット・エクイティ・スワップと新株予約権

不動産のコンサルティングや証券化・ 投資を手掛けるゼクスは、債務の株式化(デット・エクイティ・スワッ プ)と新株予約権発行で今期(2009年5月期)末での債務超過回避を目 指す。不動資産市況悪化や金融機関の融資姿勢が厳格化する中、財務体 質を改善して経営体制を整える。

東証で1日開示した資料によると、債務の株式化は15億3000万円 分を予定しており、1株1000円で新株153万株を1日付で発行した。割 当先は投資会社エネアス・インベストメントや大株主ヒロ・アセットな ど5社と1人。新株予約権は投資会社フェニックスホールディングに割 り当て、発行と権利行使により最大で4億8800万円を調達する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE