ステラ株が続落、先行投資負担で今期は営業赤字に-半導体産業低迷

リチウム電池材料や半導体などに 使われるフッ素化合物を製造するステラケミファの株価が一時、前日 比5.2%安の2000円と続落。半導体産業の低迷が継続、同社の高純 度薬品の需要も落ちている。メディカル事業で臨床試験費用を積み増 すこともあり、今期(2010年3月期)は5億7100万円の営業赤字に 陥ると会社側は予想、収益悪化を嫌気した売りが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。